2004年11月24日

節目(11/23終了時点)

東京勢不在の中、1.3割れ。
が、底堅い。
その後、ロシア中銀が外貨準備におけるユーロの比率を見直す(引き上げる)可能性を示唆したことを受け、高値更新。

ランキング
数値はCMSのbidで、0か5に丸めてある。
ただし、90年代の数値に関してはFXDDの日足データを参考にした。
右欄にIFR Forex Watchによるシグナルを併記。
無効となったものは線で消し、新たに追加したものには下線を施してある。

1.4160高値 95年10月(未確認)
1.3750barrier option
1.3500barrier option
1.3400barrier option
1.3350高値 96年7/31take profits, buy break
1.3305高値 96年7/16
1.3300barrier option
1.3290高値 96年8/5
1.3270高値 96年8/27
1.32402% MA band topflat on a failure
1.3230高値 96年9/4
1.3210高値 96年8/21;2% MA band topflat on a failure
1.3200barrier option
1.3195安値 96年8/28
1.3165安値 96年7/26
1.3150barrier option
1.3140高値 96年11/12;安値 96年8/8flat on a failure
1.3125barrier option
1.3115安値 96年9/3
1.3110barrier option
1.3100/05barrier option,
高値 11/23
flat on a failure
1.3090高値 96年11/20,11/23午前NY
1.3085終値 11/23long@1.3052
1.3070安値 96年7/19,8/22,11/23午後NY;
高値 11/18,11/19
flat on a failure
1.3050/55高値 11/22;安値 11/23午前NYexpect stalling
1.3015高値 11/23東京sell stops below
1.3000/05高値 11/10,11/15;
安値 11/17NY,11/18欧州,11/19午後NY
sell stops below
1.2975/80高値 11/19東京;安値 11/19欧州,11/23buy a bounce
1.2940/50安値 11/16午前NY,11/18NY,11/19buy a bounce, sell break
1.2915/20安値 11/15,11/16東京
1.2885安値 11/11午前NYcover on a bounce
1.2875安値 11/12
1.2860安値 11/11
1.2850安値 11/4NY,11/5欧州,11/10;
高値 11/4午後東京
take profit
1.2830高値 11/3,11/4午前東京
1.2810高値 11/3午前NY;安値 11/4午前東京
1.2790安値 11/4欧州
1.2770高値 2/20,10/26午後NY,10/28NY,10/29,11/1NY;
安値 10/25午前NY,11/3NY
1.2760安値 11/5NY
1.2745高値 11/3朝東京
1.2730高値 11/3午後東京
1.2680安値 10/28東京,11/3欧州
1.2660安値 11/3
1.2630安値 10/28欧州
1.2615安値 10/22午後NY
1.2600/05高値 2/23,10/20欧州,10/21午後東京;
安値 10/22
1.2585/90安値 10/20午前NY,10/21NY;
高値 10/20前半欧州,10/20午後NY,10/21午前東京
1.2570/75安値 10/20欧州,10/20午後NY,10/21
1.2540高値 3/1,10/18
1.2525高値 10/19
1.2500/05高値 10/15,10/18午後後半NY;
安値 10/18午前後半NY,10/19午後NY,10/20
1.2480安値 10/18午後NY,19日午前NY
1.2445/50高値 9/30;安値 10/15午後NY,10/19東京
1.2430高値 10/08
1.2420高値 10/14
1.2375安値 10/15
1.2360高値 10/13
1.2320安値 10/14
1.2285安値 10/12
1.2240安値 10/6,9/24
1.2225安値 10/13,9/22,9/14,9/13,高値 9/17,9/1
1.2180安値 9/17東京,高値 9/21東京
1.2155安値 9/17
1.2120安値 9/16,9/18
1.2110高値 9/7
1.2080高値 9/6
1.2040安値 9/3
1.2025安値 9/8
1.1985安値 8/29

かなり細かく区切ったので、重要でないポイントも含まれていると思う。
そういう水準を意識しすぎると必要な時に手が出せなくなる危険性もあるが、無視するのも恐いので、とりあえず挙げてみた。

posted by spotter at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1111791

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。