2005年01月16日

テーマ

欧州通貨売り、アジア通貨買い。

イッシング発言に端を発するクロス円の下落(関連記事)が、今のマーケットの流れといったところだろうか。結局のところ、去年の赤字懸念からのドル売り(初期には、ヘッジファンドが決算を控えてドル売りを仕掛けた、というような話がささやかれていたのだが…)の矛先が対欧州通貨から対アジア通貨へ移ったというだけで、根本の流れとしてのドル売りは変わらず、と考えてよいのだろうか?しかし一方で、米景気回復による米金利先高観を材料にしたドル買いが台頭する可能性もある。アジア通貨買いに関しては要人発言が、米金利先高観に関しては要人発言に加えて米経済指標が大きく影響すると思われるので、来週はこうした点に注意したい。

現在のポジションは、ドル円売@103.65のみ。イッシング発言が効いている限りはホールドしたいところ。

posted by spotter at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1602554

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。