2005年01月24日

本日の思惑

方向感が無い…

経済指標に振り回されているといったところか。 イッシング発言はいまだに尾を引いており、G7でも同様の声明があるという観測もある。 逆に、アジア通貨についての言及は無いという観測もあり、思惑が交錯している。

インフレと金利については、FRB内で温度差があるものの、FRB関係者の発言からはインフレ懸念は感じられず、利上げもこれまで通りの慎重なペースが維持されそうな感じ。ドル安がインフレに与える影響についても危惧していないようだ(てことは、ドル安でも構わんてことか?)。一方、ユーロ圏からは相変わらずドル安を危惧する声も有る。

ユーロ圏経済については、楽観的な見通しがあるようだ。金利については、変化は無さそう。少し気になるのは、各国中銀の外貨準備の通貨構成の変化。ドルからユーロへの資金移動は、去年のユーロ高局面でもとりあげられており、長期的(って、自分で言うのもおかしいが、一体どれくらいの期間のことなんだ?)にはジワジワと効いてくるかもしれない。

と、なんとなくドル安な気がするが、テーマも方向感もはっきりしない間は、どちらの動きにも、深追いはしないほうが良さそう。現在ノーポジ。

posted by spotter at 15:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ポンドドル買@1.8833。
Posted by spotter at 2005年01月24日 17:48
ポンドドル買の雲行きが怪しくなっているところに、ドルカナダ売@1.2165。
Posted by spotter at 2005年01月24日 18:48
22:30 11月加小売売上高
02:40 グイン米アトランタ地区連銀総裁、講演
03:00 トリシェECB総裁、講演

今週の金曜部には米国のGDP、2月1・2日はFRB政策会合、その後にはG7と軒並みイベントが控えており為替のマーケットはそれら待ちの状態になっています。

以上、
フォーチュン・キャピタル 外為市場ウオッチ!
05−01−24 Vol.253より抜粋
Posted by spotter at 2005年01月24日 21:03
ポンドドル買@1.8833はストップアウト@1.8775で-58pips。
Posted by spotter at 2005年01月24日 21:12
ドルカナダ売@1.2165もストップアウト@1.2210で-45pips。
うぅ。
Posted by spotter at 2005年01月24日 22:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1694377

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。