2004年09月08日

CMS

現在取引中の業者は、CMS。 手数料無料、狭いスプレッド、高いレバレッジに加えて、 円建て口座なら国内振込み手数料のみで入出金。

と書くと、非の打ちどころの無い業者のように思えるが、 指標発表時の不安定性と執行能力の低さには愕然とさせられる。 が、取引手法次第ではこうした欠点も大問題とはならず、 コスト面では依然として優位性を保っていると言える。

また、CMSの取引システムを採用しているFXアジアは、取引条件ではCMSのそれにやや劣るものの、安定性はより強化されているらしく、また日本語サポートもあるので、ユーザによっては良い選択肢となるかもしれない。

CMSの口座開設にはIDがふたつ必要だが、僕が申請したときには写真付き住民基本台帳カードと国民健康保険被保険者証でOKだった。
申し込みの過程でIDの番号を記入する必要があるが、そこには住民票コードを記入した。しかし、住基カードにはこの番号は記載されていないので、申し込み書の送付の際、上述のふたつのIDに住民票コードの通知書を添えた。IDについての英語での注釈は必要無いようだ。

入金に関しては、 円建て口座なら、東京三菱銀行のCMS口座宛に振込むのが簡単。 同一支店の口座から東京三菱ダイレクトを利用して振り込めば手数料はゼロ。 振り込む際に、名義をアルファベットに書き換え、"New Account"と追記すればOK。 追加入金の場合は、口座IDを追記。 早ければその日のNY午前中には口座残高に反映される。 入金後に連絡フォームから入金した旨を通知すれば、より確実だろう。返事が来ることもあれば、来ないこともある。

CMSからの出金時の手数料は、円建ての場合、出金手続きの説明には記載されていないが、525円で済んだいう報告がある。 以前、出金時の手数料について問い合わせたことがあるのだが、その際のCMSからの返答、
"If your base currency is in JPY, the fee will be few hundreds Yen."
に一致する。

posted by spotter at 09:07| Comment(2) | TrackBack(3) | CMS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/563430

この記事へのトラックバック

CMS口座開設 過去の自分の投稿から
Excerpt: http://www.cms-forex.com/modules.php?op=modload&name=EZCMS&file=index&page_id=114 ↑のページの【Online Ele..
Weblog: 羊飼いの海外FOREXまとめプログ
Tracked: 2004-09-09 16:55

CMSの出金手続き
Excerpt: 一部、出金してみた。
Weblog: Spotter's FX Notes
Tracked: 2004-11-10 20:21

ドル円がー
Excerpt: 見てない間にまた下げてるし。 107のときに売れなかったのが悔やまれる。 104行ったら買い下がって日銀様の介入を待とうー。 証拠金の会社をどれがいいのか見ていた。 ACMとか良さそうかな..
Weblog: 小額投資でGOGO★
Tracked: 2004-11-15 18:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。