2004年09月27日

9/20-9/24

今週の取引を振り返る。

1.2198B->1.2208S +10
1.2224B->1.2248S +24
1.2275B->1.2263S -12
21日東京時間夕方。
17日NY午後以来の高値80-90エリアで買いたかったが、ちょうどそのエリアを超えてきた頃は相場を見ていなかったので、200にタッチするのを確認してからのロングとなった。17日ロンドンからNY午前にかけての高値10-20エリアを目標としていたので、その手前で動きが鈍ってきたところで利食ったが、少々焦り気味。80-90エリアで買えていればどうだったか…
当初目標を超えてきたところで再ロング。310-120の61.8%水準はなんなく超えたが、15日の高値60で失速。そこで利食い。
14日NY午後の高値70を超えたところで再々ロング。が、上値重く、結局損切り。
焦り気味の利食い。
再エントリが遅く、直前の実現益を減らしてしまっている。


1.2311B->1.2280S -31
1.2274S->1.2249B +25
1.2242S->1.2235B +7
22日東京時間夕方。
FOMC金利発表前の水準をサポートされるようなら買うつもりだったが、その水準近くまでは戻らず、しばらくもみ合い。上抜けてきたところでロング。その後急落。上述の水準でサポートされていたようだったので維持したが、それも割れてきたので損切り。
急激な動きには素直に反応すべきか?
というより、ロングしたのがそもそも間違い。節目から遠すぎた。

その後ショート。利食いを遅らせてみたが、やはり不満が残る。50で折り返したところで再ショート。再エントリなので、欲張らずに目標到達で即利食い。
仕切りと再エントリのタイミングについては、まだまだ…

1.2285B->1.2325S +40
23日東京時間午後。
東京が休日で小動きのなか、高値ブレイクでロング。
欧州勢参加後は順調に上昇するが、22日東京セッションの高値30あたりで停滞。再トライの上値が下がってくるなか、指値で利食い。
利食い水準としては納得できるが、もうすこし早く見切ってもよかった。

金曜夕方にネット接続に障害発生。何もできずに週末を過ごし、 月曜にケーブルモデム交換で復帰。
予備の業者も必要だが、予備の回線も必要ということか?

posted by spotter at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/642910

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。